手相占い 生命線が生命線。
生命線とは手相の中でももっとも重要な大線の一つです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手相占いの生命線(その2)
手相占いで有名な生命線ですが、どのように判断しているのでしょうか?生命線の長さによって判断していませんか?一般的には長いほど、長生きできるといいますが、この判断は危険です。
手相占いの鑑定には、勉強や経験が必要になります。
しっかりとした知識をつけてから自分の手を鑑定してみてください。
不安に感じる人は、是非有名な手相占い鑑定士の方に占ってもらってください。
それでは、ここから生命線の紹介を始めます。
生命の長さには、生命線以外にもいろいろな線が影響します。
知能線が良い結果をしめしている場合は、生命線が短くても長生きする場合があります。
また、逆に生命線が長くても知能線が良い結果でなければ長生きできません。
このように、寿命を判断する場合は生命線と知能線の両方を判断して寿命を調べないといけません。
また、手相というのは生きているうちに変化し続けるものです。
健康に生活していれば、たとえ手相占いで悪い結果でも将来は明るい方向に向かいます。
手相占いで悪い結果が出ても、その結果を信じて対策すれば問題ないと思います。
また、生命線というのは遺伝を受け継ぐものです。
よって、親の生命線と比べると非常に似たような生命線になっていると思います。
また、生命線の下には、太い血管が通っています。
これは、手のひらの中ではもっとも太い血管となっています。
これも遺伝によって似通っていると思います。
遺伝で似た生命線でも、生活次第で変化するということを忘れないようにしてください。
親が良い生命線を持っていたからといって、自分がずっと良い生命線を持てるという保証はありません。


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tesouranai.blog57.fc2.com/tb.php/22-7a6ce3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。